S邸/25坪で二世帯(車椅子で使える家)

●“みえない”バリアの温度差を解決
● 水廻りのワンルーム化と福祉用具の導入

構造:木造

階数:2階

敷地面積:約25坪

延床面積:約80m²

車イスで暮らすお母様との同居を考えた、約25坪の究極の2世帯住宅。私共の住宅のデザイン性と、老人ホームの設計で得たノウハウがミックスして、できあがったものです。

1階のポイント

(1) 福祉用具のスロープで対応。(玄関の体裁を保つ)
(2) 車椅子でも入れる収納。
(3) 温度を一定に保てる寝室と水廻り。

2階のポイント

(1) 採光は立体的な考え方で取り入れる。動く木製ガラリで光と風を調節。
(2) 家具間仕切で、将来の家族構成の変化に対応。