多摩センター 大手リフォーム会社展示場

高齢者・障害者の為の2世帯住宅
・新しい“住まい方”“暮らし方”の提案です。
・家具もすべてオーダーしました。

構造:木造

敷地面積:―(ショウルーム内)

延床面積:約300m²

車イスだからと言って特別にしすぎない住宅。
予防も兼ねて生活にリハビリを取り入れた住宅。
そして何よりも家族どうしのコミュニケーションという当たり前のことを考え直した住宅です。

1階のポイント

(1) 介護スペースを配慮した水回り空間。
(2) 世帯主は自ら運転する車を降りてここからアクセスできます。(雨の日も大丈夫)
(3) 生活リハビリを考えて、あえて段差を設けました。
(4) 電動椅子でもらくらく。(1/12勾配)
(5) お天気の良い日は、みんなで楽しく過ごせます。
(6) 状況により家具の位置を移動して空間の大きさを使い分けできます。
(7) 車椅子での移動を考えた方向転換のいらない動線。夜中でも安全にトイレに行ける工夫。

2階のポイント

(1) 車椅子使用の世帯主と健常者の家族が共に使いやすい水廻り。
(2) 手すりを完備した安全な階段。
(3) 自立した生活をおくれる居室空間。
(4) 準備から片付けまで食事を通して家族のコミュニケーション。
(5) 1階の新世帯の気配を感じる事ができる吹き抜け。
(6) 広々としたバルコニー。
(7) 将来の家族構成の変化にも移動式家具で対応。

3階のポイント

(1) 床のタイルはExteriorっぽい。
(2) 家庭菜園も可能。(料理で使おう!)
(3) 広々のんびり屋上の時間。(気晴らし空間)